English Here
          空手道 武仁塾
          バナー

礼節を重んじ文武両道をめざす空手


武仁塾の目指すもの
競技空手ではない、強いだけではない、生涯武道の追求の場としての「町道場」。
無心になって仲間と汗を流し、自分たちの原点となる場所。

  

昨日の我に今日は勝つ也






神棚に『武神 毘沙門天』




空手道 武仁塾 神戸同好会

出石支部
出石支部


竹田支部(本部直轄)


塾長


神戸同好会師範
出石支部長四段
竹田支部長参段本部師範参段
本部道場師範弐段
本部道場師範代初段
女子部指導員初段
少年部指導員初段


塾長徒然日記

今年度新規入門者
小屋敷翔琉(和田山)
杉野梨花(和田山)
桂野ひか梨(和田山)
藤本楓花(山東)
田路絢都(山東)
小坂忠利(和田山)
水嶋健斗(出石)
大橋志朗(養父)
大橋摩生(養父)
山本長慶(山東)



お知らせ
 
12月の審査日変更
9日(日)に変更します。


  

道場休み
(祝祭日は原則休みです。

本部
11月
3日(土)

竹田支部
10月
8日(月)


 
ジュピターホールで演武

 
武仁塾客分
キャンベル・カズキ(ニュージーランド)
第3回極真連合杯世界空手道選手権大会

1回戦勝利おめでとう!

対戦相手は110kgレバノンの選手

Victoria University of Wellington
ウェリントン大学(東大みたいなもの?)
で国際経済を学びながら

ニュージーランドで頑張ってます

空手の試合
ムエタイの試合



 
平成24年11月3日メイゲン結婚披露パーティー


 
浅田師範代の結婚式
平成24年7月21日



 事務局体制

事務局長(4代目):浅田龍寛師範
局員:関正道師範
局長補佐:足立昭仁師範




 ボクシング教室

平成30年10月20日(土)
指導
元日本スーパーライト級2位
入江会長(青垣ボクシングジム)


道場だより2018

最近大人気の竹田城址〜懐かしい写真〜




寺子屋 武仁塾
小学4年以上、かつ緑帯以上
日時;毎週火曜日午後5時半から7時半ころ
場所;そよかぜ診療所 2階 和室
必要なもの;空手を頑張る根性、将来の夢、鉛筆(消しゴム、シャープペンシル禁止)







入門誓約書

サーキットトレーニングの勧め
                            


2018年 年間行事予定表

少年用防具


審査項目

武仁塾5周年記念演武会

武仁塾10周年記念演武会



”武仁塾 力自慢”
ベンチプレスルール







平成17年9月26日(自動式除細動器)を設置しました

10月15日(土)救急講習終了

第2回救急講習は平成20年6月21日に行ないました。
第3回救急講習は平成22年11月28日に終了しました。
第4回救急講習は平成26年11月1日に終了しました。

アイコン
理念


稽古体系
アイコン
昇級昇段

稽古日程 道場建設

誠空会格闘空手ウェイト制全日本
山本指導員ヘビー級第三位



予選 誠空会(大阪) 千家戦(白;山本)

決勝トーナメント 誠空会(本部) マシュー戦(赤;山本)

村尾健太他流試合に挑戦!


浅田君パワーゲートでTKO勝ち!

白のトランクスが浅田君

3月30日(日)交流試合(明石市立少年自然の家)結果


道場開き


塾長日記岡本道場の系譜

道場だより2003

道場だより2004

道場だより2005

道場だより2006

道場だより2007

道場だより2008

道場だより2009

道場だより2010

道場だより2011

道場だより2012

道場だより2013

道場だより2014

道場だより2015

道場だより2016

道場だより2017


マスコミ



学会など


リンク

武仁塾神戸同好会



はるかぜ診療所

カフェ ジン


Dontec LOHAS ドンテック ロハス


丹波入江ボクシングジム ボクシング教室でお世話になっています


道場の鬼門を守る猿。エラそうだけど・・・、ちょっと寂しげ・・・



智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。(夏目漱石「草枕」)


波騒は世の常である。 波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、誰か知ろう、百尺下の水の心を、水の深さを。(吉川英治「宮本武蔵」)

「沖田君、言葉というものは、よく咀嚼、吟味してから口に乗せるものだ。」(るろうに剣心「悪・即・斬」斎藤一のセリフ)

誰にでもできることを、誰にもできないくらい続けることが大切だ。(剣道日本選手権優勝者の恩師の言葉)

金を遺すは下、名を遺すは中、人を遺すは上 (ある刀匠の座右の銘 後藤新平の言葉のアレンジで、中国古典からの引用といわれる)